職業投資家
スポンサードリンク
スポンサードリンク

職業投資家とは

職業投資家という言葉を聞くようになりました。投資家というのは、職業とは違いますよね。ですが、投資、ということを職業のようにしっかりとした指針をおいて行っている方を、職業投資家というような呼び名で呼んでいるようです。別な言い方をすればプロの投資家ということですね。
投資、ということで、一定の収入を得ることが出来るくらいの、継続したものとなっている場合、それによって、生活を支えることが出来るようになりますね。あくまでも、投資、という仕事はありませんが、仕事に匹敵するくらいの収入を得ることが出来れば、それは、職業投資家とってもいいと思いますね。

投資信託にだまされるな!  1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法  FXシステムトレード年率200%儲ける投資術

職業投資家と呼ばれる方が多くなっています

投資、というと、どうもギャンブル的要素が強いと言う感じがして、とても職業、と言うことにはならない、と思ってしまいます。ですが、投資家によっては、多くのデータから分析を重ねて、根拠を導き出し、投資に活かす、と言う試みを行っています。
職業投資家と呼ばれる方は、今かなり多くなっている、と言う実情があります。投資と言っても、FXに先物、株式投資、不動産、といった多くの金融商品や投資商品があります。その中からそのときの相場のいいものを選択して投資していくのですよね。
この職業投資家ということを経歴書にかけるのか?と言う質問を見たことがあります。デイトレーダーやスイングトレーダーと呼ばれるような方々が、もし次の職業を考えたときに、会社勤めをしていなかった期間をどのように履歴書に書くのか?と言う質問ですね。自分ではこういったことを行っているけれども、周りから見れば、それは職業に当たらない、というもの、結構あるものです。

専門に勉強している職業投資家

職業投資家としての、一つの指針として、「税務上」どうなるのか、ということがあげられると思います。収入が入り、それが大きなもので、費用などを控除し、それでも利益が上がっている、ということになると、確定申告の際に、「職業」として認められることになるようです。
こういったことが、職業投資家の一つの目安となるかもしれないですね。その投資に成功している、ということが、就職、と言う際にどのような評価につながるのか、と言うことはその企業によるものだと思いますが。
職業投資家という立場の人も、ただ単に宝くじに大当たりして喜んでいる、というものではなく、自分なりに研究を重ね、勉強をして、利益を得ているのですから、成功すれば、もちろん、職業として認められた、ということになると思います。
投資家の方々は世界情勢から日本の情勢まで、本当によくお勉強されていますよ。

職業投資家